ミッドサマーの暑い夏場の太陽に炎天下人物を待っていたら・・・

その日はずいぶん暑かった。
暑くて暑くて地球の温暖化を肌身に感じた一年中でした。

自身は根っから厚さが不得意で、何故かと言うと、重度の汗かきだからだ。
だいたい普通よりも体温が高いせいだと思いますが、
真冬に半袖で過ごしていても、ちょい動いただけで汗をかいてしまう。
夏場ともなれば、汗の音量は実に手広く、「滝のような汗」と言われますが、
いやにそんなふうに形容したほうが嬉しいほどの汗っかきだ。

こんな厚い夏場のある日に身近と買い出しに行くことになり、
駅前でランデブーをしたのですが、
いつもは時間に正確でランデブーの30パイ前にはきっちり到着して要る側が、
今に限って時間になっても待ち合わせ場所に現れないのです。
何かあったのかと心配になり、自身は友人のケータイをCallしました。
数呼び出し後に側はテレホンに出たのですが、
その側がいうには、地下鉄が不幸で遅延してしまって掛かるというのです。
テレホン越しに側は何度も謝っていましたが、雰囲気が雰囲気なので気にしなくても素晴らしい意図を伝えて電話を切りました。

普段は自身が身近を待たせておる位置付けなので、たまには自身が待つのも嬉しい際だと、インプレッションを変えて待っていたのですが、
者を待つことに慣れていない自身は大きなミスをしてしまいました。
季節はミッドサマー。
しかも駅前は日陰になるようなフロアがナシ。
そんなところで待っていた自身は当然のように滝のような汗をかいてあり、
途中で気配りが飛んでしまいました。
気が付くと、自身は病棟のベッドの上で寝ていました。
どうも一心不乱症で倒れて至急クルマで運ばれたようです。

皆さんも夏場の一心不乱症には気をつけて下さいね。キレイモ 料金